当館では、2ヶ月ごとにテーマを決めて展覧会を開催しております。
※常設展はありません。

11-12月の展覧会

企画展「暁斎が生きた時代と妖怪画」展
同時開催 特別展「暁斎プラスワンシリーズ28
初代彫蓮 河鍋暁斎に魅せられて「弐」~にぎにぎ まがまが~」

企画展「暁斎が生きた時代と妖怪画」展

会期:2018年11月2日(金)~12月23日(日・祝)
休館日:毎週木曜、毎月26日~末日、年末年始期間
入館料・ご利用案内アクセス

ごあいさつ

 狩野派絵師としての作品から浮世絵や戯画まで、暁斎は様々なジャンルを学んで描きましたが、現代まで好まれ続ける画題のひとつに、幽霊図や妖怪画があります。それは、暁斎の描いた幽霊や妖怪たちが、恐ろしいだけでなくユーモラスで人間味に溢れ、現代に生きる私たちにとっても身近に感じられるからかもしれません。本企画展では、そんな暁斎の幽霊図・妖怪画はもちろん、伝統的な百鬼夜行図や、幕末期の混迷から文明開化の様子を妖怪たちに託した風刺画などをご覧いただきます。
 また、第3展示室では、暁斎に影響を受けた現代作家の方の特別展「暁斎プラスワンシリーズ」を開催しております。今回は、広く国内外で活躍されている初代彫蓮様の作品展の第2弾。両展併せてどうぞお楽しみ下さい。
      平成30年11月2日 河鍋暁斎記念美術館 館長 河鍋楠美

企画展:展示作品

暁斎「大江山鬼退治之図」 絹本着色 軸装
暁斎「鞍馬天狗と牛若丸図」 紙本淡彩 軸装
暁雲「雷の家族」 掛軸 絹本淡彩
暁斎「手長足長獲月図」 紙本淡彩 軸装
暁斎「手長足長図」 紙本淡彩 軸装
不詳「百鬼夜行 粉本」 紙本着色
土屋暁春「百鬼夜行1 模写」 明治12年 紙本墨画
土屋暁春「百鬼夜行2 模写」 明治12年 紙本墨画
暁斎「変化図 下絵」 紙本墨画
暁斎「団扇絵 磯部鉱泉 妖怪」明治19年頃 神泉亭 錦絵
暁斎「僧侶を驚かす幽霊 下絵」 紙本墨画
暁斎「妖怪の書画会」 紙本墨画
暁斎「幽霊図 下絵」 紙本墨画(オランダのライデン国立民族学博物館蔵・暁斎筆「幽霊図」の下絵)
三代豊国・都鏡・暁斎「江戸乃花名勝会 万 一番組 番町」 文久3年 吉美堂 大判錦絵
豊原国周・暁斎「見立十二ヶ月の内 七月 伊衛門 市川左団次」 明治9年頃 沢村板 大判錦絵
暁斎「骸骨の花火見立 下絵」 紙本墨画
暁斎「骸骨の酔態 下絵」 紙本墨画
暁斎「骸骨の首引き 下絵」 紙本墨画
暁斎「骸骨の茶の湯 下絵」 紙本墨画
『暁斎百鬼画談』 明治22年 岩村俊発行 大倉屋孫兵衛取扱 版本
絵皿『暁斎百鬼画談』より 陶製
絵皿『暁斎百鬼画談』より 陶製
『暁斎鈍画』 明治14年 武田伝右衛門(文英堂) 版本
『暁斎画談』外篇 暁斎幽霊の図 明治20年 瓜生政和編輯 岩本俊出版 版本
『暁斎画談』内篇 鳥山石燕ノ筆意 明治20年 瓜生政和編輯 岩本俊出版 版本
暁斎『とう尽し画帳』より「摩道」「入道」 紙本着色 画帳
暁斎「芝泉市(泉酒 手長と手長猿と手長海老)」 元治元年 和泉屋板 大判錦絵
歌川国芳「源牛若丸僧正坊ニ随武術を覚図」 大判錦絵三枚続
暁斎「うとふ物語」 元治元年 大判錦絵三枚続
暁斎「浮世絵大津之連中 睡眠の図」 明治3年 大判錦絵二枚続
暁斎「だるま土蜘蛛」 萬善板 大判錦絵
暁斎「狭客日本魂於迷府大猛勇顕」 元治元年 山口板 大判錦絵三枚続
暁斎「狂斎百狂 どふけ百万編」 元治元年 大金板 大判錦絵三枚続
『惺々暁斎筆狂画』より 妖怪虫類合戦図 絹本着色 画帖
暁斎『開化穴探 狂詩選』初編口絵  明治11年 出版人福城駒多朗 版本
暁斎『童蒙弁惑 珍奇物語』初編上 挿絵 明治5年 東江楼主人(青木輔清)纂輯 東江楼蔵版 版本
暁斎『狂斎百図』 柿の曲食、鼻の風 大倉板 版本
暁斎「狂斎百図 かつぱの屁、悪事千里をはしる」 文久3-慶応2年 若与板 大判錦絵
暁斎「狂斎百図 ながいものにはまかれろ」 文久3-慶応2年 若与板 大判錦絵
暁斎「狂斎百図 ばかされ」 文久3-慶応2年 若与板 大判錦絵
国周・暁斎・国義「東京開化名所記 王子稲荷社」 明治7年 沢村屋板 大判錦絵
国周・暁斎「東京開化名勝ノ内 金龍山」 明治8年 沢村屋板 大判錦絵
暁斎・孟斎「東京開化名勝ノ内 橋場総泉寺境内化地蔵之図」 明治7年 沢村屋板 大判錦絵
暁斎「化地蔵と驚く男」 校合摺
暁斎「にらめっこをする福女と鬼」 錦絵『惺々暁斎漫画』のための校合摺

会期中のイベント

11月11日 14:00~ 第68回日曜美術講座(講師:館長 河鍋楠美)

外部イベントのお知らせ

ピアノと朗読コンサート「暁斎のイソップ物語」開催

コンサート「暁斎のイソップ物語」
チラシ裏面
 英学者である渡部温が翻訳し、暁斎ら3人の絵師が挿絵を手掛けた『通俗伊蘇普物語』(明治6年刊)。更に、戯作者の万亭応賀と暁斎による錦絵「伊蘇普物語之内」シリーズ。これら暁斎が描いたイソップ物語を題材にして、ピアノ演奏と朗読のコンサートが開催されます。お誘い合わせの上どうぞご来場下さい。

「大蔵流狂言師と左手のピアニストが綴る
 暁斎のイソップ物語」
日時:2018年12月15日(土)14:00開演
会場:蕨市民会館コンクレレホール

入場料:前売2,000円、当日2,500円
出演(敬称略):智内威雄(左手のピアニスト)、
       善竹隆司(能楽師大蔵流狂言方)
主催:蕨市民会館
共催:蕨市・蕨市教育委員会
後援:河鍋暁斎記念美術館・蕨市民協会
お問い合せ:蕨市民会館
(〒335-0004埼玉県蕨市中央4-21-29 TEL.048-445-7660

当館でも前売券を販売中(河鍋暁斎記念美術館:TEL.048-441-9780 FAX.048-445-3755 mail:kkkb@kyosai-museum.jp)

展示内容


他館で見られる暁斎

現在、他の美術館・博物館で展示中の暁斎作品についてはこちら

11・12月おすすめグッズ

図録『河鍋暁斎・暁翠伝』(株式会社KADOKAWA刊)
河鍋暁斎・暁翠伝

DVD②『百鬼画談』
DVD②『百鬼画談』


復刻版『暁斎百鬼画談』
復刻版『暁斎百鬼画談』


ミュージアム・ショップ

暁斎に関する図録・書籍類、
オリジナルグッズ等、販売中。
museum shop
ミュージアムショップ

喫茶はこちらcafe musee"の"

ページのトップへ戻る